インプラントの問題点 No.2

b0000104_11212496.jpg
実際手術を決意しても「さてどこで手術を受けようか」ということになります。
最近では、インターネット上で使用しているインプラントのメーカーを表示したりしている歯科医院も増えてきていますし御質問すればお答えいただけると思いますので目星をつけた歯科医院に直接お問い合せになるのも良いでしょう。

一般に評判の高いインプラントシステムというのは、製品の優秀さももちろんですが
その製品を歯科医師が購入する段階で一定の条件を要求してきています。
たとえばメーカーの行う一定のトレーニングコースの受講が必須条件になっていたりします。

もう一つ考えなければならないのは、インプラントは成功すれば数十年お口の中で機能していく事になります。その間には、転居することもあるかもしれませんし治療を受けた歯科医院も閉院するかもしれません。
そのときインプラントのケアーをどうすればよいのか です。

オッセオインテグレーション(骨結合)型のインプラントが現在信頼できるものとなり世界中のあらゆるメーカーからあらゆるインプラントシステムが発売されています。

その中には、非常に独創的ですばらしい今後主流になるかもしれないアイディアを持った製品も沢山あります。
たとえばブローネマルクシステムとかITIシステムをほぼそのまま模倣している製品もあります。
正直言って疑問に思うようなインプラントもあります。
インプラントにとって色々な製品が玉石混淆の時代です。

先ほどの話しに戻ります。
現在のインプラントは、メーカーごとの部品の互換性は、ほぼ無いといって良いでしょう。
治療を受けた医院以外で、あなたの骨の中に潜っているインプラントシステムがどこのメーカーか確定するのは、かなり困難なことです。
仮に10年後に他の歯科医院であなたのインプラントがどこのメーカーの製品か断定できたとしてそのメーカーがまだその製品に対して部品を供給しているかという問題もあります。

基本的には、あなたがインプラントの手術を受けたとき必ずインプラントのメーカーを
聞いておいてください。
もし転居しても自社の製品を責任持って供給しているメーカーは、あなたの転居先の取り扱い歯科医院を教えてくれるはずです。

そしてもしあなたが海外に転居する可能性が多い方であれば世界的なシェアの大きいメーカーの製品を選択することが賢明です。
[PR]
by d.implant | 2004-07-23 11:25 | implant
<< ご質問をいただいた方々へ!! インプラントの問題点 No.1 >>