インプラントの問題点 No.1

さていままでインプラントについてお話をしてきましたが
とりあえず良い点ばかり上げてきたのですが、実際のところ問題点もあります。

b0000104_10173542.jpgまず第一に健康保険の適応がない。今後も現段階では、健康保険への導入は難しい。ということです。
ということは、治療費の全額をご自身ですべて御負担をするということです。
これは本数にもよりますが、いずれにしてもかなりの金銭的負担があるということです。

次に1回法でも2回法でも麻酔を使った外科処置が必要だということです。
手術中の痛みは、局所麻酔が効くので心配ないとはいえ局所麻酔自体が嫌だという方も多いと思います。

そして何よりインプラントを植えようとするところにインプラント体を支えるだけの骨があるかどうかということです。
人間のアゴの骨は、歯が失われると結構痩せていきます。
歯がなくなったのでその部分の骨は、必要なしと体が認識してしまうのでしょう。

どうしても骨が足りない場合は、骨の移植やその他の特殊な手術などで骨を増やすことは、
可能ですが当然行うべき外科処置が増えてくるわけですしそれに伴う肉体的、精神的ストレスやリスクも増えるわけです。
やはり良い骨が沢山あるかどうかがインプラントの成功率に大きく関係してきます。
[PR]
by d.implant | 2004-07-23 10:25 | implant
<< インプラントの問題点 No.2 1回法手術と2回法手術 >>