インプラント手術 2回法

b0000104_1932761.jpg
さてインプラントの手術ですが現在1回法と2回法の手術があります。

当初ブローネマルク博士のオッセオインテグレーション(骨結合)理論によるインプラント治療は、インプラント体のチタンと埋入した部位の骨とのオッセオインテグレーション(骨結合)が起きることをインプラント治療の成功の第一歩としました。

その為には、インプラント体を埋入するとき出来うる限り細菌を手術部位(特にインプラント体と接触する骨)に到達させないことでした。

手術中に関しては、手術室や器具、術野の消毒などを徹底させることでかなり清潔にすることが出来ましたが
(とはいえお口の中は、細菌がものすごく多い場所で、その上唾液などが絶えず出ていることにより消毒には、かなりの困難をともないますが)
手術の後の細菌の進入によりオッセオインテグレーション(骨結合)しないことを嫌い
インプラントを植えた後、その場で植えたインプラント体も含めてお口の傷を完全に縫い合わせてしまうのが2回法です。
要は、骨の中にインプラント体だけ植え込んで埋めてしまうわけです。
こうすることでオッセオインテグレーション(骨結合)を邪魔する大きな要因を排除できる可能性が高くなります。
上の絵は、2回法の1回目の手術の手順です。

この後オッセオインテグレーション(骨結合)が起きた頃にインプラント体の上の粘膜を
少し切ってそのインプラント体の上に土台を作っていきます。これが2回法の2回目の手術です。

2回法の代表的なインプラントといえばやはり当然ブローネマルクシステムです。
このインプラントは、世界最初のオッセオインテグレーションインプラントであり現在でもトップクラスの臨床的実績を誇ります。そしてそもそも2回法自体がブローネマルクシステムの為に考えられた手術法なのです。
[PR]
by d.implant | 2004-07-21 19:37 | implant
<< インプラント手術 1回法 全ての歯を失った場合  >>